アイキララは効かない?効果なし?疑問を解決する一問一答!

 

 

アイキララの購入を検討している方に、アイキララに関する一問一答を紹介します。

 

 

アイキララは効かない?効果なし?などの噂もありますが、このページでは「アイキララをこれから購入しようか迷っている方のココが気になる!」という点を色々と紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

アイキララは本当に目元のクマ解消効果はある?
アイキララは、毎日使い続けることで実感できるものです。

即効性はないですが、じっくり続けることで嬉しい変化を感じることができます。

 

ただ、中には即効性を期待してすぐに使うのをやめてしまったり、毎日のケアをしないで実感できない、などと思い込んでいる方もいます。

 

ですので、アイキララで実感したい方は、効果をすぐに期待せずにじっくり続けるようにしてくださいね。

 

アイキララの効果をアップさせる方法はありますか?
アイキララと一緒に送られてきた冊子に、効果をアップさせる方法がのっていたので、ここで紹介しますね。

 

<効果をアップさせる使用方法>
まずは、手の甲にアイキララをワンプッシュとります。
次に、薬指の腹でクリームを5秒間おさえます。
このことで、クリームが人肌に温められて浸透しやすくなります。
人肌に温まったクリームを薬指の腹でトントンとのせて、なじんできたら、目頭から目尻にかけて優しく伸ばします。

 

・ポイント
クリームを人肌に温めることで、肌への浸透力をアップさせること!
初めは面倒かもしれませんが、やるのとならないのとでは大違い!
ぜひ、試してみてくださいね。

 

肌が弱くても使えますか?
アイキララは、着色料・保存料・防腐剤フリーで作られています。

安心して使ってみてくださいね。

 

販売メーカーで、アレルギーテストも行っています。
気になる方は、使用前に簡単なパッチテストをしてみてください。

 

※パッチテストのやり方は・・
アイキララを手に適量取って、二の腕の裏に塗り、24時間様子を見て下さい。

 

症状が何も出ない場合は、使用可能ですが、少しでも「変だな」と感じた場合は、使用しないように注意してください。

 

肌に合わない場合は、使っていても全額返金保証が使えるので、ぜひ申請してみてください。

 

目に入っても大丈夫?
実は、私も目にアイキララが入ってしまったことがあります。

その際は、すぐに流水で流すと平気でした。

 

でも、もし目が痛むようなら専門医に診察してもらうと良いと思います。

 

アイキララは、サラサラの水っぽい感じはありませんので、垂れて目に入る心配は少ないかと思います。

 

量は多い方が効果がアップしますか?
量を多めに使うより、適量を塗るようにしてください。

量が少ないよりは、多い方が良いかもしれませんが、適量は、アイキララをワンプッシュで、両目にピッタリの量が出ます。

 

乾燥が気になる場合は、一度塗ったものが乾いてから、再度、塗って重ねるのは有効だと思います。

 

使用するのに期限はありますか?
開封していない状態なら、2年間は使えます。

でも、直射日光が当たる場所・高温多湿の場所は避けてください。

 

アイキララには、保存料も防腐剤も入っていません。
長期間の保存は避け、一度、開封してしまった場合は2ヶ月程度で使い切ることを心掛けてくださいね。

 

中学生の子供が使いたいと言っていますが、大丈夫ですか?
大丈夫です。

 

でも子供の場合、目元の皮膚が大人以上に薄い場合があるので、使用前にパッチテイストを行なった方が良いかもしれませんね。

 

 

目元のクマにサプリメントは効果がありますか?
サプリメントも目元のクマに効果ありますよ。

 

例えば、メラニン色素の沈着が茶クマの原因となるので、茶クマにお困りの方は、ビタミンCを配合しているサプリメントがオススメです。
ビタミンCは「メラニンの生成を抑制する効果」「抗酸化作用」に優れているので、茶クマに効果的ですよ。

 

寝不足・目を使いすぎることによる、目元の毛細血管の流れの悪さにより、うっ血した血液が黒っぽくなり、青クマが起こります。
青クマにお困りの方は、血流を良くする、ビタミンEやブルーベリーなどがオススメです。

 

目元にクマができるのは、どうして?
目元にクマが出来る原因は、いろいろあります。

代表的なクマとして挙げられる「黒クマ」「青クマ」「茶クマ」に関して、それぞれ紹介していきます。

 

・黒クマ
黒クマは、加齢による皮膚痩せが原因です。
皮膚が痩せると、目元にくぼみができ、
それが影になって黒クマが発生したり、
目元に無数にある毛細血管が透けて見えることで、
黒クマが目立ってしまう場合があります。

 

・青クマ
10代、20代の、若い世代に多いのが青クマ。
血流が悪くなることで起こるので、
寝不足・スマホ・パソコンの使い過ぎは、
毛細血管の流れを悪くして、青クマが悪化してしまいます。

 

・茶クマ
茶クマは、紫外線や、目をこすったりすることで起こる刺激によって
肌の内部にメラニン色素が大量に放出され、
その色素が沈着してしまうことによって、茶クマができてしまいます。

 

目元をこすると、クマができるんですか?
目元をこすると、刺激となってしまうので、目元の肌の奥に、メラニン色素が発生してしまいます。

このことは、外部刺激から肌を守る、防御反応です。
紫外線を浴びると、メラニン色素が発生して肌が黒くなるのと同じ現象なんですよ。

 

ですから、目をこするクセがある方は、十分注意してくださいね。

 

目元のクマを悪化させないためには、どうすれば良いですか?
目元のクマを、これ以上悪化させないためには、クマ対策のクリームを使うことは良いと思いますが、毎日の生活習慣に気をつけることが大切ですよ。

 

例えば、青クマの場合は、寝不足・目を酷使させず、目元の血流を悪化させないようにすること、茶クマの場合は、紫外線をできるだけ避ける、目元をこすって刺激を与えないように気を付ける、等が挙げられます。

 

少しの生活習慣に気を付けるだけで、目元のクマを悪化させることがなくなりますよ。

 

目元のクマを何とかしたい方に!

↓↓返金保証付き!アイキララ↓↓